シーちゃんの花徒然

アクセスカウンタ

zoom RSS チェンバロのコンサート

<<   作成日時 : 2008/11/15 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日招待券を頂いて「日本テレマン教会」主宰のコンサートに行ってきました。
場所は大阪倶楽部会員制の由緒ある倶楽部です。
理事の方々には関西電力社長・大阪瓦斯社長・松下電器(パナソニック)元社長等の御歴々が名を連ねておられます。
大正元年に出来た倶楽部で煉瓦造の昔懐かしい建物です。
4階のホールでのチェンバロのコンサートでした。
チェンバロは小型のグランドピアノのような形をしています。
ピアノは鍵盤をたたくと弦をたたく構造になっていますが、チェンバロは鍵盤を押すとギターを弾くように弦を弾く様になっています。
ピアノのように強い音ではなくやわらかい音色がします。
初めて聞いた音色ですが心の中に響き渡りました。
画像

画像

演奏はドイツの「クリスティーネ・ショルンスハイム」という国際的なチェンバロ奏者でミュンヘン国立音楽大学のチェンバロ科教授をなさっています。
演奏曲はバッハ親子の作品でJ.S.バッハと4人の息子さん作曲の作品5曲でした。
それぞれの作曲様式の違い等の解説も交えて熱演されました。
心を洗われた感じの2時間少々の時を過ごさせて頂きました。
Oさんありがとうございました。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
チェンバロという楽器は知りませんが
きっと素晴らしい音色なのでしょうね
2時間も素敵なバッハの世界に浸り心が洗われましたか〜
良い演奏会のようでしたね、
おとと 
2008/11/17 17:49
おととさんこんばんは。
近頃クラシックを理解しようと取り組んでいます。
今回のチケットもそれを聞いた家内の友達からのプレゼントでした。
知らない曲ばかりだったのですが、チェンバロの熱演に酔いました。
いまクラシックのCDを30枚程購入し一生懸命時間があれば聴いています。
でもなかなか曲名等覚えることが出来ません。
シーちゃん
2008/11/17 23:25
チェンバロのコンサート、よかったでしょうね。
私も、知人の合唱団の演奏会で数回チェンバロの音色を聞いたことがあります。以来チェンバロが好きになりました。といっても、ただ好きになっただけで演奏会へ通ったり、CDを聞いたりということはないんですよ (^_^メ)
そのときの演奏はテレマン室内管弦楽団でした。まったくの素人の私の耳には楽しく、そして軽やかに飛び跳ねるような音だったような気がしました。曲にもよるのでしょうけれど・・・。もう、4〜5年前のことですが、思い出してしまいました (^^)
peecon
2008/11/19 23:43
peeconさん今晩は。
近頃クラシックを聴くようになり招待券を頂きました。
初めて聴く音色に心を癒されました。
クラシックはまだまだ分かりませんが、音楽を聴くということにより心が落ち着く気がします。
peeconさんも以前ヘイリーの純〜21歳の出会いのことをUPされていましたね。
このCDは店によればクラシックの所へ並べていますね。
シーちゃん
2008/11/20 23:40
大変御無沙汰をしております。久々のコメントです。良いですね!クラシック音楽、チェンバロの響きがレンガ造りのホールに響き渡るコンサートって思っただけで心が高ぶる思いです。素敵な時間を過ごされ羨ましいなぁ〜って思いました。さて、すっかり、紅葉も最盛期を迎える時期となりましたね。ここ数日の厳しい寒波で、体が震えっぱなしですが、これから一層厳しい冬に向かって弱音吐いてだらしない!って自らを叱っています(笑)連休は紅葉三昧と行きたいものです。
しろう
2008/11/21 05:06
しろうさんお久しぶりです。
なぜかクラシックを聴くようになり機会があればコンサートで生の音を聴きたいと思っています。
今回初めてチェンバロという楽器を知りクラシックも一足踏み込めたような気がします。
今正に紅葉の真っ只中貪欲に観賞に行きたいものです。
シーちゃん
2008/11/22 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェンバロのコンサート シーちゃんの花徒然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる